レズ的人生の記録ボ(仮)

生クリはつかい方によって道具となります。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



0


    | - | - | | category: - |
    # 地位も名誉もお金も、ビールも。


    彼女のことを好きだと思ってからのこの半年間、私は何度も彼女に好きだ、と言ってきた。


    特に最初の2,3ヶ月は、口を開けば彼女に、好きだ、と言っていたと思う。


    誰かに好かれていること感じてほしかったというのもあるけど、

    なにより、好きだから好きだと言ってきた。


    でもネガティブつたんは信じようとしなかった。


    お互いのことをそんなに知らないし、自分は二物も持たない女だから、好きになられるはずはない。

    地位も名誉もお金もない自分を好きだなんて信じられない、

    遊ばれようとしているんだ。

    好きだとしてもそれは今だけだ。 思い込みだ、と。



    あそぶ??

    誰かをもてあそぶことよりも

    きみと会うことのほうが何倍も難しい距離にいるっていうのにですか。笑

    わたくしは地位も・・どころか、冷蔵庫にビールしかないようなやつなんですけど。




    「私ほどの恋愛至上主義者はいないと思うから、おけいひいちゃうと思う・・・」


    「そうかな。私の愛情表現すごいから、そっちのほうがひくと思うよ」


    「そういうの、むしろうれしいけど。人前で、とかじゃなければ大歓迎!」


    「 ・・・ 」


    「あ!そういえば前に駅でキスされたし!」


    「うん、した。ワタシ気にしない」


    「・・・まーされる分にはいいけど」



    いえすっ\(^▽^)/





    そう、遡ること数ヶ月前のある日の早朝。

    駅まで送ってくれた彼女に、私はキスをした。


    それは、私のなかで突然起こった彼女への想いに対する終止符だった。


    「じゃあね」笑いかけたつもりの私の顔はどんな顔をしてたんだろう。

    彼女は笑ってるとも困ってるとも言えない顔をしていた。


    私はホームへと歩き出した。 一度も振り返らずに。


    こうやって一瞬の恋は終わるはずだった。



    ------------------------------



    おはよう

    いってきます

    ただいま

    ごちそうさま

    だいすき

    おやすみ


    これからも地位も名誉もいらないけど、

    絶対に失くさずに持っていたいのは、この6つのキスでしょう。


    あ、あとびいるも。






    0


      | comments(2) | - | 20:21 | category: なたん 覚え書き |
      # 料理長不在

      どーも! 愛され女のなたみです。


      つたんは今日は会社の人とフグを食べに行きました。フグを。

      かー! なまいき!

      私なんてお母さんの味をひとりで食べました。

      圧力鍋までつかって牛すじトロットロにしました。

      トロットロなのにひとりで食べました!

      はははっ あーでりしゃすでりしゃす・・





      あのエロてんしのことだからフグだけじゃなくて
      きっとわかめ酒とか呑んでるんでしょう。

      あーやだやだ。 だから顔のきれいなやつは。

      これで料理までできるとなるともう嫌味としか思えない。

      そりゃあわかめ酒ぐらい呑むでしょうね! フンッ!


      最近はあまり出かけないつたんがこんな時間まで外に出るということは

      その間にブログ書いておかないと

      おそらく(完全にネコに徹さなければならないという)大変な仕打ちがそろそろくることを感じ取りました。

      私の第六感が覚醒しててよかった。

      職人のように画像アップアップでなんとかしのぎますψ(`∇´)ψ


      まずは、てんしの餃子を鶏がらスープで炊き春雨をいれたもの。




      大晦日は私の友達を呼んでとろろ鍋しました。(つたんが)

      とろろ鍋食べに行こうって言ったらつたんがそんなんにお金払うなんて無駄だ、料理長が作る。
      と言って作ってくれた。
      正解。外で食べるより絶対おいしかったはず。
      ぶらぼー!

      初めて自分の友達につたんを紹介したわけだけど、
      その友達は私たちよりも自分の話しに夢中だし、
      つたんはそんな友達の話しをあからさまに聞いてないし、
      これって一応カミングアウトだよね? ・・・って思うことすらなく、
      食後のドンジャラに勤しみました。



      次の日の元旦にはつたんがお雑煮を作ってくれました。
      うちのグリルがおかしくて、つたんは年明け早々お餅についた焦げを熱心に取ってました。笑
      しかも画像撮り損ねました。
      アーメン!

      その後えらくおしゃれでおいしいものを作ってくれました。
      これがアクアパッツァというものなんですね。
      アクアパッツァを福岡に上陸させたうちの料理長に
      なたん賞(なたんと一緒に入浴し、なたんの体を洗える券)を差し上げました。

      この後パスタを絡めてくれたんですが、
      終始おいしすぎて、大事なところを洗われる前に
      わたくしパッツァりイっちゃいそうでした。



      三が日が終わると同時に料理長は帰っていってしまったのですが、
      連日餃子とビールだけを食すような何もできない子羊ちゃん(なたん)のために
      その約10日後にまた500kmの大移動を経てご飯を作りに 来てくれました。

      そのなかでも貴乃花の引退ばりに感動した!のがこちら。

      なすと里芋と海老の揚げだし。
      イクってこんな感じなんですね!

      あ、奥に見えるのは私の大好物のめはりおにぎりです。
      もちろんこれもつたんが上陸させました。




      ねえ、つたん。





      きみがいるのといないのでは

      部屋の温度まで違うような気がするよ





      あと一週間、待ってるからね。

      なたん特製のお好み焼きを作って。






       

      にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へにほんブログ村




      0


        | comments(0) | - | 22:28 | category: なたん 覚え書き |
        # あまのじゃっく

        土日ってなんにもしなくてもあっという間に終わってしまうんですよね。

        つたんとのセクスとは大違いです。

        あ、なたんです。

        別名、あまのじゃっく。だそうです。


        私としては、つたんのほうがよっぽどあまのじゃっくだと思っています。


        数ヶ月前の話。

        一緒に部屋にいるのに暇さえあれば熱心に携帯をいじる彼女。


        大人の品格をもつわたくしはしばらく放置して差し上げるものの、

        いつまでもいつまでも中指を動かし続ける彼女。

        (そんなのセクスのときだけにしてほしい )

        大事な中指の指紋を心配する私は、

        頃合いを見計らって彼女の膝に乗りキスしてあげるのです。


        すると情熱的に(♡)応えてはくれるものの、例の携帯はその間もつたんの横に鎮座しておられます。

        その方の視線に気付くと何か席を譲らなければならない気になり、

        しぶしぶ膝から降りようとする私に思いがけない一言。

         つ「 どこ行くの?! 」

         な「 え・・。 と、トイレ。 」

         つ「 ふ〜ん 」

        いつもそんな早口じゃないじゃない。

        食い気味だし。

        トイレの水もったいない。


        この一連の流れを数回繰り返しました。



        その後つたんが帰っていってからの電話で、

        次からはソファの下に座ろうかなーと言う彼女に理由を聞くとまた思いがけない一言。


         「 そうしたら、おいでって言ってくれるでしょ? 」


        て、手がかかるわー (゚∀゚;)



        素直な私は次にあまのじゃっくが来たときにすぐに実践した。

         「こっちおいで」

         「・・・( 固まる )」

         「おいで?」

         「・・・( そっと携帯を鎮座させる )」

         「なんなの?笑 来てよ 」

         「ハァ・・・」


        この30秒後ぐらいにノロノロといらっしゃいました。笑


        -------------------------------------------------------------


        焼き鳥屋の満席カウンターに座って手をつなぎキスする私。

        呆れ顔でため息つくつたんにこう言ってみる。


        「でも私が何もしてこなかったら寂しいんでしょ?」


        また食い気味で、ニヤッとエロ目で頷くきみが大好きです。





        (今日つたん料理長に指示を受けながら作った、野沢菜のクリーム味噌パスタ)




        にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へにほんブログ村




        0


          | comments(0) | - | 23:15 | category: なたん 覚え書き |
          Comments
          Mobile
          qrcode
          tenki

          -天気予報コム-
          tsutan
          Search this site
          Sponsored Links